【美容室向け】Googleマイビジネスの登録ガイド

グーグルマイビジネス(Google My Business)はグーグルが提供するサービス(検索結果や地図等)に店舗情報を掲載し、その登録情報を管理するための無料ツールです。グーグルマイビジネスの利用メリットは大きく4つに分かれます。 
  • 住所、連絡先や営業時間等といったお店の基本情報を正確にオンラインで公開できます。 
  • 写真投稿や口コミ機能を利用することで、ユーザーとの交流を行うことができます。 
  • 店舗サイトのリンク掲載や魅力的な情報発信によって新規顧客の集客効果が期待できます。 
  • 登録後に利用可能となる分析ツールで店舗情報を閲覧したユーザーの行動を把握し、サービス/掲載内容の改善につなげることができます。
グーグルマイビジネスの利用を開始
今回の記事では美容室の経営者向けに、グーグルマイビジネスの代表的な機能とその活用ポイントをご紹介した後に、登録方法について手順を解説したいと思います。

グーグルマイビジネスの代表機能

お店の魅力が伝わる「画像投稿機能」

お店の外見・内装・ヘアカタログ等の画像を登録することが可能です。画像だけでなく、動画を利用することもできます。グーグルマイビジネスでユーザーに強くアピールし、そこからの集客を生まれやすくするため、お店の魅力をきちんと伝えられる画像や動画を上手く利用し、グーグルマイビジネスのページ内容を充実させれることが重要なポイントとなります。
グーグルマイビジネスでは、サービス/お店に関する写真は枚数無制限でアップロードできます。ですので、数の心配をせずに新たなアピールポイント(季節限定のヘアモデルやキャンペーン案内等)を写真や動画を用いて、魅力的に訴求することができます。

検索結果の掲載順位を改善できる「口コミ機能」

グーグルマイビジネスに登録されているお店にはユーザーの口コミ投稿機能も付いており、否定的なコメントも含め、全ての口コミが閲覧可能となっています。多くのユーザーから高評価の口コミが投稿されている場合、提供サービスに対する信頼も高まります。その結果、新規の顧客が店舗に訪れる可能性が高くなります。
また、ユーザーの口コミは検索結果での表示順位にも大きく影響します。好意的な内容の口コミが多い場合、地域での表示順位も高まります。口コミに返信することも可能ですので、そこでもユーザーとの交流を作り、お客様の存在と意見を尊重していることをアピールできます。

※グーグルマイビジネスではビジネスオーナーや従業員が口コミを書くことが禁止されています。また、一部の国内サービスと異なり、口コミの記載による金銭、サービス、商品等の授受は禁止せれています(例:口コミ投稿をしてくれるお客様には特別なシャンプーサービスを提供する、口コミ投稿者の施術料金に割引を付与等)。

インバウンド集客にも対応できる「自動翻訳機能」

グーグルマイビジネスの登録情報が自動的にユーザーが設定している言語に翻訳される機能です。グーグルマイビジネスに登録するだけで、お店側で特別な設定や翻訳登録を行わなくても、海外からのお客様にアプローチできます。

最新情報が発信できる「投稿機能」

グーグルマイビジネスをブログの代わりに情報発信ツールとして利用することも可能です。新メニューや店販、キャンペーンやスタッフに関する情報など、お客様に伝えたいお店の魅力を簡単に掲載できます。

お客様の情報が手に入る「インサイト機能」

お客様の情報が手に入るグーグルマイビジネスのインサイト機能

インサイト機能を用いることで、どのよう検索の結果お店が表示されたのかが確認できます。また、グーグルマイビジネスでお店の情報を見たお客様の閲覧後の行動も集計・分析可能となっています。これにより、グーグルマイビジネスの掲載情報で効果的なもの、集客に結ぶものなどを発見し、効果的な情報発信を行うことがか可能となります。
ただし、こちらの機能は掲載情報の閲覧人数が200人以上に達した時点から利用可能となりますので、開始直後ではアクセス不可能となっています。

グーグルマイビジネスの登録方法

次にグーグルマイビジネスに登録方法を見ていきましょう。
※登録の手順やイメージは、アップデートにより変更になる可能性があります。

STEP1:店舗名で検索

店舗名をグーグルで検索

グーグル検索で「お店の名前+地域名」を検索します。例えば「渋谷」にある「カルテサロン」という名前の美容室でしたら、検索枠に「カルテサロン 渋谷」と入力して、検索します。

STEP2:登録されているかを確認

お店側からの申請がなくても、既にグーグルがオーナー以外のリソース(インターネット上の情報サイトや地図情報)からお店の情報をある程度把握して、掲載している場合があります。ご自身のお店が表示された場合、以下画像の「ビジネスオーナー」登録用の動線からSTEP4へお進みください。
グーグルマイビジネスのビジネスオーナー確認
既に店舗情報が登録されている場合、ビジネスオーナー確認リンクが情報欄に表示されます

STEP3:情報登録の開始


検索をしても、お店の情報が表示されなかった場合、以下のリンクからグーグルマイビジネスのウェブサイトにアクセスし、「ご利用を開始」を選択してください。

STEP4:店舗情報の入力

ビジネス名に店舗名を入力してください。次にビジネス所在地(お店の住所)を設定し、その次にはビジネスカテゴリ(美容院)を入力します。最後にユーザーに表示する連絡先の詳細(電話番号やウェブサイト情報)を入力します。既に店舗情報が部分的に登録されている場合は、これらの登録情報を確認して、変更が必要な場合のみ編集してください。

※上記以外にもSNS情報や店舗/サービスの写真、営業時間、年末年始などの特別時期の営業時間等の情報も掲載可能ですが、それらはSTEP7を経て、オーナー確認が完了してから編集可能になります。

STEP5:情報入力の完了確認

内容登録が完了したら、「終了」を選択してください。

STEP6:確認方法の選択

このビジネス(店舗)が自分のものであることを確認する必要があるので、確認方法を選択します。確認するには5桁の確認コードを受け取り、それを入力しなければいけません。受け取り方法としては電話またはハガキの2種類があります。

※通常ハガキは14日以内に届きます。まだ確認コードを入力できておらず、オーナー確認手続きが完了していないハガキの到着前の段階で、STEP4で入力した「ビジネス名(店舗名)」と「ビジネス所在地(お店の住所)」を編集した場合、確認手続きが無効となり、コードを新たにリクエストする必要がありますので、ハガキ到着までは登録情報を変更しないで下さい。

STEP7:確認コードの入力

電話またはハガキで届いた5桁の確認コードを入力すれことで、グーグルマイビジネス登録は終了します。

※確認コードを6回誤って入力してしまった場合、オーナー確認を完了できなくなり、確認に失敗したことを示すメッセージが表示されます。確認コードの入力に失敗した場合、グーグルマイビジネスのアカウントからビジネスのページを削除し、新たに情報登録を行い、手続きをやり直す必要があります。

まとめ

グーグルマイビジネスの代表機能と登録方法、ポイントについてご紹介しました。無料で利用可能なグーグルマイビジネスを適切に利用することで、大きな集客効果が見込めます。グーグルマイビジネスはグーグルが提供するサービスの中ではまだ新しいものであり、頻繁にアップデートが行われています。表示順位と集客効果の最大化を目指す場合は、公式ガイドを定期的に確認して、ヒントの取り入れや新機能対応が非常に重要となります。 

グーグルマイビジネスの公式ガイドはこちらからアクセス可能です。

例えばコメント対応をする際のヒントとして公式ガイドには”簡潔で読みやすい文章で、役に立つ誠実な返信を心がけること”、”感謝の意を示すこと”、”親しみのある対応をする”等があります。

コメント