【美容室経営】SEOの噂を超まじめに検証してみた

「頑張って美容室のスタッフブログを始めてみたけど全然伸びない」「SEO対策について調べて実践してるけど効果がない」「結局何が本当なのかわからないし面倒だからやめちゃおう」こんなことが皆さんの美容室では発生していないでしょうか?

以前Google社が実践しているSEOの考え方についての記事を書きましたが、SEO自体は裏技のようなものが存在しない非常に泥臭い作業の繰り返しです。

SEOの作業


本日はそんな泥臭いSEOの作業の中でも、超真面目にSEOでどのような要素が真に影響するのかを検証したとても良い海外の記事がありましたので、部分的に翻訳しつつご紹介したいと思います。引用元の記事はこちらになります。

分析結果の紹介の前に

元記事の分析の背景について、なぜ良い記事であったのかを簡単にご紹介させてもらってから個別の結果についてみていきたいと思います。
まさに本文でも触れられている箇所ではありますが、引用してみます。
----
“Why not just pull hundreds (or thousands!) of data points from search results to broaden your dataset?”, you might be thinking. It’s been done successfully quite a few times!

Trust me, I was thinking the same thing while weeping tears into my keyboard.

The answer was simple: I wanted to do something different from the massive aggregate studies. I wanted a level of control over as many potentially influential variables as possible.
----
大量に他のデータセットがあるにも関わらず、しかもそれらを活用した分析が他でもなされているのになぜわざわざ自分自身で分析対象となる元データを用意したのか、という点です。これに対して筆者が、`I wanted a level of control over as many potentially influential variables as possible`(分析に影響するであろう変数を極力自分でコントロールしたかった)と回答しています。
分析に際しては過去の記事でも触れていますが、目的に対して必要なデータを集める姿勢が必須です。今回の記事でも、SEOには様々な要素が絡んでくるため極力自分自身でコントロールできる変数を制御することで、データ元のばらつきをできるだけ抑えた精度の高い分析を意図しています。

自分自身で全てを用意することになったため、データの数自体は小さくなってしまったものの、一方で

  • 共通したドメインパワーの元での検証
  • 記事が公開されてからのデータ取得(リライトなどではなく、オリジナル記事で分析可能)
  • 執筆者が同じため記事の品質が均質なものになる(ライターによる技量の差が分析結果に影響しない)

などのメリットを享受しています。

元記事の分析は元データが英語のブログですので、厳密に日本でも同じことが言えるのかは不明ですが示唆としては有用なものが多いのでご紹介させていただければと思います!

ブログ記事が本領発揮するには何日かかるのか?

ブログ記事は公開されてからGoogleのクローラに認識され、indexされます。そしてindexされた記事が検索アルゴリズムによってユーザー検索の際に表示されるようになります(ここまでの検索での表示を含めてindexされると呼んでいる場合がありますのでご注意ください)。
ブログを運用されている方はご存知かと思いますが、記事が公開されてから検索で表示されるまでにはタイムラグが存在します。Googleのアルゴリズムが試行錯誤している段階とも言えますが、その記事がどの程度信頼性があり、ユーザーにとって価値のあるものかを判断するのに検証を繰り返されている時期です。
そしてその検証が終わると検索されてから表示される順位が安定してきます。それではアルゴリズムが記事の価値を判定するまでにどれくらいかかるのでしょうか?
indexされてからと記事のランキングが反映されるまでの関係
コンテンツがindexされてからの経過日数とランキングの関係 元記事より引用

このチャートが非常に明確に表していますが、indexされてからおよそ100日経過してから検索順位が上位に食い込むようになっていることがわかります。実際は100日というよりも、100日以上かかるということがわかりますので、ブログ記事を書いたけどアクセスが伸びるまでは非常に時間がかかることがわかります。

さらに別の検証では、元データのうち上位25%のパフォーマンスが高かった記事の分析をしたところ、90%の記事がその実力を発揮するまでにindexされてから100日以上かかっています。75日以内に実力が発揮された記事は2つしかありませんでした。
indexされてからの経過日数とランキングの関係
上位25%の記事のランキングとindexされてからの経過日数の関係 元記事より引用

美容室でのオンラインマーケティングでよくある話ですが、ブログを始めて見たけど全然アクセスが増えなかったのでやめてしまったということがあります。しかし実際はこの100日ルールを満たしていないことが大半ではないでしょうか??ブログを書き始めても実際に効果が出るまで3ヶ月以上かかりますので、3ヶ月以内に辞めてしまうのは本来の実力がわからないうちに辞めてしまっていることになります。ですので、お店としてブログを始めるのであれば最初の3ヶ月は効果が全く見込めないと割り切って、仕込み期間として考えておくのが良いでしょう。

元記事の結論でも以下のようにまとめられております。
----
中略...And, it takes at least a couple months of content production to make a true impact, so you really should wait a minimum of 6 months to look for any sort of results.
----
コンテンツが真のインパクトを発揮するまで最低でも数ヶ月は必要とするので、何かしらの結果を検証するためには少なくとも6ヶ月は待つ必要がある。

記事の文字数はどの程度影響を及ぼすのか

何文字程度の記事であればSEO対策としてふさわしいのかは非常に多く話題になるテーマでもあります。こちらもバッチリ検証されていたので早速見ていきましょう。
コンテンツの文字数とランキングの関係
コンテンツの文字数とランキングの関係 元記事より引用
コンテンツの文字数とランキングの関係のピアソン相関係数
コンテンツの文字数とランキングの関係の相関係数。相関がないと示されている。 元記事より引用

なんと単語数(=文字数)はランキングの結果とは相関関係がないという結果になりました。
これは一般的に言われている「文字数が多ければランキングも良い結果になる」というものと矛盾します。この結果はどのように考えられるかということで、いくつかの仮説を提示しています。
1(もっとも確からしそうな仮説):他の因子を無視して文字数とランキング要因の相関関係を見ようとしているため。ページ最適化やドメインパワーなど他の因子が影響している。
2(確からしそうな結論):品質の高いコンテンツは文字数が多くなりやすいというため。

今回の検証では900単語以上の記事で検証し、900単語以上の長さがあればそれ以上の単語数にしてもランキング結果と相関が見られないというものでした。英語の単語数と日本語の文字数は異なるので、日本語の文字数に換算すればおおよそ1600-1800文字数程度と考えて良いと思います。同時に900単語以下の記事の検証は十分ではないので、記事の長さが少なすぎるとランキングに影響する可能性は十分にあります。

GoogleのSEOではE-A-T(専門性、権威性、信頼性)を重視すると明言されていますので、日本語のブログ記事を書いていくのであれば最低でも1800文字以上のコンテンツを用意することが良いと考えられます。

美容室でブログを書くときに覚えておくべきこと

他にもいくつかの検証を行なっていますが、美容室で意識しておきたいことを簡単にまとめて結びとさせていただきます。
1つ目は「効果が出るまでの期間は準備期間と割り切って記事を書き続けること」です。どんなに良い記事でも実力が発揮できるまで3ヶ月はかかってしまいます。そのため、3ヶ月~半年間は記事を書き続けながらも流入がないことを覚悟しておく必要があります。一定期間が経過してから流入状況をGoogle AnalyticsやSearch Consoleで確認し、記事の軌道修正を行なっていくことがオススメされます。
2つ目は「ある程度の文字数で記事を書いていくこと」です。今回の元記事では長すぎる記事にランキングへの影響はないことが示されていますが、どれも900単語以上と中身が深いものばかりです。美容室ブログでは長文の記事は少ないですが、ユーザーにとって価値の高いコンテンツと判断されるには最低でも1600-1800文字程度のコンテンツを用意しておくことが推奨されます。
この2つを頭の片隅におきつつ、美容室でのブログやオンラインマーケティングに望んでいただければ幸いです!

コメント